TO HOME
 FAQ 2002a

FAQ一覧

Q.194 Windows XPで作ったホームページの BGM( MIDIファイル )が鳴らない
質問内容
今までのPCでのフォトショップ作業中しばしばフリーズいたしまして作業途中のデ ターが全部失われてしまったり(ついしょちゅう保存するのを忘れ)ということがよ く起こりましたので。この度PCを新しくいたしました。XPになり色々対応してい ないものが続出して大変でした。

ケークウオーク9も使えずアップグレード版を求め、先日ケークウオーク2002を セットアップしてもらいました。それ以後ウインドウズ起動時の音とかヤフーラジオ とか聞けなくなってしまいました。それはなんとか聞こえるようにはなったのです が、今度は私の作ったホームページのMIDIだけ聞こえません。他のホームページ のBGMは聞こえます。もう一度midiを付け直しアップロードしてみましても聞けま せん。インターネットでページを開けるとmidi pulginしたところに隠れなくてはい けないアイコンが見えております。私はDreamweaverを使ってホームページを作って おります。ほかのPCで私の作ったホームページを見てみますとちゃんといままで通 りBGMは聞こえてきます。
どうしたらこの問題を解決できるかわからず困っております。

(2002.1.30)

A
多分新しいPCでのアップロード作業または新しいPCで作成したコンテンツ自体に問題があると思われますが、 残念ながら何が問題なのかは私にはわかりません。 私のところにWindows XPはなく、Dreamweaverも使っていないのです。
この件は Windows XP ならびに Dreamweaver に詳しい方に相談されたほうが良いと思います。お役に立てなくて残念です。




Q.193 CUBASISで外部MIDI音源の音がハードディスクレコーディングできない
質問内容
当方はCUBASISを使用しています。外部MIDI(キーボード&シーケンサー)を接続し、ちゃんと動作 も確認し見たところ異常はありません。 曲を作る状態では、全部のパートの音(外部MIDIもでます)は出ます。
しかし、全ての音をオーディオファイルにへんかんしたら外部MIDIの音だけは録音さ れていません。 一週間前から自分なりに色々と試しましたが全て上手くいきませんでした。

使用機材は次の通りです。

まず、接続方法ですが、PC(NEC Lavie-S)とRolandのオーディオMIDIインターフェイス(UA-100)をUSB接続しています。 そしてこのオーディオMIDIインターフェイスと外部MIDI@Rolandキーボード(xp-10)とARolandシーケンサ(MC-505)を両方ともMIDI接続 (IN・OUT)しています。
次にCUBASISの具体的な録音操作内容ですが、作った曲をオーでイオファイルに書き込 むでMP3・WAV・AIFF・RM・などのファイルにへんかしました。そしてそのファイルを再生 してみると、ループやLM-9などの音入っているのですが、外部MIDIの音は入っていませ ん。ミュートなどもしていませんし、実際曲作りのときに再生してみると(オーディオ ファイル変換前)音は出ます。
次にCubasisの各種オーディオセットアップですが、入力ポートはUA-100に設定されています。

(2002.1.29)

A
おそらく、機材は下のような感じで接続しているのだと思います。



MIDIケーブルの中を音声信号が通るわけではない( 「What is MIDI ?」「MIDI Sequencing Software」 ) ので楽器のオーディオ・アウトプット端子を何らかの方法でPCに繋がなければCUBASISに音をとり込むことはできません。
図をよくみるとMC−505、XP−10(図はXP−100になってますね^^;)の音がPCに届いていないことが良く分かると思います。

楽器を直接UA−100に繋ぐのが良いか、それともMIXERを経由するのが良いかは別にして、 とりあえず解決の道をさぐるために前者を試してみましょう。下のような感じで接続して、再度トライしてみてください。



まず、外部MIDIで作ったファイルを、「オーディオ書き出し>WAVのPCM/非圧縮ウェーブ/オ プション(ステレオ・オーディオトラックに追加>ファイル作成」という風な操作をいたしま した。そしたら指定先のトラックに録音されるのですが音が入っていませんでした。 このような操作をしたのですが間違っていたのでしょうか?
この操作は、すでにCUBASE(CUBASIS)にオーディオトラックとして存在する複数のトラックをミックス・ダウン(トラック・ダウン)する場合に 使うもので、MIDIトラックは処理の対象とはなりません(VSTインストゥルメントの場合は対象となるかもしれませんが、確認してません)。

いろいろと試して、ご自分にとってベストな使用方法を探って下さい。




Q.192 ノートPCとCubaseでXP-50を音源と打込み用キーボードとして使用したいがうまくいかない
質問内容
今までローランドXP-50で打ち込みをしていたのですが、ノートパソコンとキューベースVST/ 32 V5.0を購入しました。 XP-50を音源と打ち込み用キーボードとして使用したいのですがうまくいかず困っています。 XP-50とパソコンはMIDImanというMIDIインターフェースで接続しています。

MIDIの設定のことがよく分からないのです。 このサイトを読んで勉強さしていただいたのですが、キューベースで外部音源などを使用するときは、 MIDI Thru をチェックして外部音源をコントロールオフにするのですよね? しかし、XP-50をローカルオフにするとMIDI Thruをonとoffのどちらにしても音が鳴りません。 トランスポートバーのinの表示は振れているのですがoutの方が振れません。 試しにローカルオンにするとトランスポートバーのinとoutのメーターが一番上に上がったきり音が出なくなるか音が出なくなってしまいます。 MIDI ThruをoffにしてXP-50をローカルオンにしてXP-50のoutから外部スピーカーに接続すると普通に音は鳴るし、 録音も出来るのですが、サウンドカード等の音はパソコンのスピーカーから鳴り、 XP-50の音は別の外部スピーカーの音から鳴っていることからもこれではおかしいのですよね? それともこれはこういうものでミキサーなどを使って一つにまとめるより他ないのでしょうか? そもそもノートパソコン自体に音声の出入力端子がラインなどの音声出入力端子を持たない ノートパソコンはどのようにミキサーや外部スピーカーなどと接続すればよろしいのでしょうか? オーディオインターフェースというものが必要なのでしょうか?

また別の質問になるのですが、さっきの間違った設定でのことです。 キューベースでXP-50の音を録音しました。 その際に1トラックに入力して、次に音を変えて2トラックに録音しようとしたところ1トラックの音まで変わってしまいます。 全てのトラックで同じ音しか使えないのです。キューベースでXP-50などのDTM音源でないシンセやモジュールを鳴らす場合は一つの音しか使えないのでしょうか? ちなみに、XP-50にはパフォーマンス、パッチ、ドラムと3種類のモードがあって内臓シーケンサーを使って打ち込む場合はパフォーマンスモードで16種類の違う音色を使って入力することが出来ます。 キューベースでもそのようにしたいのですが。 XP-50のマニュアルを読んでも7年前と古い製品のせいかその分野の説明が詳しく書かれていなくとても分かりにくいです。

また、XP-50を入力用キーボードとしても使っていて、 サウンドカードやソフトシンセなどを鳴らしています。 録音して再生したときは全く問題ないのですが、リアルタイムで鍵盤を押してから発音までにズレがあります。解消する方法はあるのでしょうか? 本当に困っていますどうかよろしくお願いします。

(2002.1.23)

A
質問1 XP-50をローカルオフにするとMIDI Thruをonとoffのどちらにしても音が鳴りません

CubaseのMIDI THRUの設定は次の画面のところです。図はMIDI THRUがONの状態です。今一度確認してみてください。



>トランスポートバーのinの表示は振れているのですがoutの方が振れません。
これはまさにMIDI THRUがEnable(ONということです)になっていないときの動作なんですが図の通りでまちがいないでしょうか。 参考までにMIDIインターフェースの製品名、XP50とMIDIインタフェースの接続内容の詳細を教えてください。MIDI THRU端子には繋いでませんよね。 CubaseのMIDI THRUの設定にかかわらず、XP50のMIDI出力はMIDI OUT端子からとります。
サウンドカード等の音はパソコンのスピーカーから鳴り、XP-50の音は別の外部スピーカーの音から鳴っていることからもこれではおかしいのですよね?
ノートパソコンはどのようにミキサーや外部スピーカーなどと接続すればよろしいのでしょうか?
これはおかしくありません。そういうものです。音声はMIDIケーブルの中をとおりません。XP50の音はあくまでもXP50の出力端子からでます。 ノートによってもいろいろあるようです。なかには拡張ベイ(?)の側にジョイスティックポートやオーディオI/Oを備えているものもあるようです。 サウンドカードですがPCカードタイプの製品で、MIDIインタフェースとオーディオI/Oをまかなうものや、オーディオに特化した製品が市販されているようです。 ただし、このあたりの商品はあまり種類は多くないので選択肢はおのずと限られてきます。



質問2 全てのトラックで同じ音しか使えないのです

ローランド製品の場合はパフォーマンス・モードがマルチパート(正しくはマルチ・ティンバー)モードです。 内蔵シーケンサーではなく外部シーケンサー(この場合はPC)からコントロールする場合もこのモードが使えるはずです。



質問3 リアルタイムで鍵盤を押してから発音までにズレがあります

これはソフトシンセの宿命であり、常識でもあります。 ものによってはかなり遅れがおさえられたソフトシンセもあるようですが、遅れの生じる製品を、設定を変更して遅れないようにすることは出来ないと思って良いと思います。 多くのソフトシンセは、MIDIファイルを再生するためにリリースされているもので、リアルタイム演奏を前提としたものではありません。





Q.191 MIDI INをMTRと接続しているため、MIDIキーボードを挿すところがありません
質問内容
私は現在CAKEWALKでMIDIを(サウンドカードはLIVE!です)、KORGのD-12でオーディ オを扱い、MTC(D-12をマスター)で同期をしていますが、この方法だとサウンドブラスターの MIDI INをMTRと接続しているため、MIDIキーボードが挿せません。
同期させながら、修正するとき差し替えて行っているため、面倒です。なにか良い方法はないでしょうか。

(2002.1.22)

A
MIDI INPUTポートが不足する場合には、マルチポート仕様のMIDIインタフェース を使用するのが一番良いと思いますが、MIDIマージBOXなどと呼ばれる複数MIDI OUTを1つにまとめる小物を使う方法もあります。
MTRでFSK信号での同期を行なう場合はMTRがマスターでなければなりませんが(このあたりはよく御存知ですよね)、 MTCでの同期はPC側をマスターにすることも可能だと思います。D−12をスレーブとしては使えば現在の構成でもMIDIキーボードが挿せると思います。




Q.190 ReCycleは演奏するMIDIキーボードにサンプリング機能が無いと使えない?
質問内容
某楽器屋で次のような質問をしました。
ReCycleは切り刻んだサンプルをMIDIキーボードにアサインできるんで すよね? 僕の持っているのはローランドのシンセXP−30なんですが、XP−30もそうゆう 使い方に対応してますか? 製品情報に対応サンプラ−の事が書かれてて、その一覧にXP−30は載ってなかっ たですが、それは関係無いんですか?
という内容の質問だったんですが答えが、
ReCycle!では、切り刻んだサンプルをSCSI経由などでサンプラー側に 送信することが可能ですが、残念ながらRoland XP-30は対応機種では ございませんので、本機能はご使用いただけません。 なにとぞご了承ください。
という事でしたが、どうも納得がいきません。
例えば、製品情報のサンプラ−対応機種一覧にはコルグのトライトン対応という事は書いてなかったですが、 COLDFEETのWATUSIさんがRecycleで刻んだサンプルをコルグのトライトンにアサインして弾いているというのを、ビデオ教材で見た事があります。 ・・・・うまく言えませんが、つまり僕が気になるのはホントのホントにXP−30では使えないのか・・・です。 何か返答の内容も適当に答えたような感じだったので。
やっぱり「アサイン」というのは、そのMIDIキーボードにサンプリング機能が無いと出来ないんでしょうか? XP−30はサンプリング機能は無い(と思う)のでそう考えるとやはり出来ないとは思いますが。
ちなみに参考までに言うと、僕がやりたいのは「オーディオサンプル(ドラム)をRecycleで切り刻んでその1つ1つを鍵盤にアサインして適当に弾いて面白いリズムを作る」 ということをビデオでやってたので試しにやってみたいんです。

(2002.1.21)

A
そうですね。回答内容はまちがっていないと思います。 トライトンがReCycleの対応製品一覧に載っているかどうかはさておき、トライトンはサンプラーとしての機能を持っているけど、 XP−30は持ってないからReCycleが使えないわけです。 もちろんReCycleがサポートしているサンプラーを持っていれば、その音をXP-30で演奏する(XP-30をマスターキーボードとして)ことは出来ます。



・・・・うまく言えませんが、つまり僕が気になるのはホントのホントにXP−30では使えないのか・・・です。
XP-30が外部から波形情報をRAMに取込むローディングできるタイプの楽器(要するにサンプラーです)ならば可能かもしれませんが、 XP−30にはその機能はないですよね。
やっぱり「アサイン」というのは、そのMIDIキーボードにサンプリング機能が無いと出来ないんでしょうか?
先ほども書いたように、キーボードにサンプリング機能は必ずしも必要ありませんが、すくなくともReCycleで作成した波形情報を取込むためのサンプラーが必要です。
何か返答の内容も適当に答えたような感じだったので。
う〜ん。たしかにもう少し違う回答のしかたはあるかもしれませんね。質問の文章をもう少し硬くしたほうが良かったかもしれません。 でも質問する側のテクニックのようなものもあると思いますよ。 こちらは客の立場ではありますが、ちょっとした工夫でより役立つ情報が得られるのならばそれにこしたことはないでしょう。




Q.189 キューベーシスにオーディオファイルをインポートするとBPMが遅くなる
質問内容
キューベーシスにサンプリングCDからとったオーディオトラックとシンセ(XP−30)で打ち込んだMIDIトラックを入れていて、 同時に再生するとBPMが遅くなり、かなりのスローモーションになります。 サンプリングしたオーディオトラックは2小節位のを1つだけです。コピーして増やしたりはしていません。
再生方法はパソコンとXP−30をシリアルケーブルで接続し、XP-30のアウトプットからパソコンのサウンドカード(キューベーシス プロジェクト パックに付属してたもの)にMIDI信号を戻し、 サウンドカードのオーディオアウトからコンポのインプットに接続し、MIDIとオーディオを同時に再生出来るようにしています。

それとMIDIとオーディオを同時に再生するもっと簡単な方法があれば教えて下さい。

(2002.1.15)

A
>かなりのスローモーションになります。
私も、オーディオCDから採取したオーディオファイルをCUBASEにインポートし、オーディオトラックに貼り付け、 MIDIトラックと同時再生することがあるのですが、テンポが遅くなるトラブルは経験したことがありません。 オーディオトラックを増やしたり、貼り付けるオーディオファイルが多い場合のCPUへの高負荷の影響は、 テンポダウンではなく”音飛び”という形で現れると思います。
メールを見る限りでは、どのようにしてCDから取り込んだのかがよく分かりませんが、手順に問題がある可能性もあると思います。 マニュアルを今一度確認してみてはどうでしょうか。
下の図はCubaseですが、オーディオ設定のサンプリング・レート(44.1kHz(CD))と インポートするオーディオファイルのサンプリングレート(48.1kHz(DAT))が違う場合に、オーディオファイルの再生スピードが変ります。 ただしこの場合、該当するオーディオファイルのみ再生スポードが変わるのみで、MIDIトラックを含む曲全体のテンポが変るわけではありません。



>もっと簡単な方法
基本的にはXP−30の出力とパソコンの出力をオーディオミキサーでミキシングするのがCPUへの負荷も少ないと思いますが、 XP−30の音をハードディスク・レコーディングすることを考慮すると、現在の接続形態にもメリットがあると思います。 さしあたって現在の接続に問題を感じなければ、今のままで良いのではないでしょうか。先の”スローモーション”の件は接続形態には関係無いと思います。




Q.188 LM-9(VSTインストゥルメント)用バンクをネットから入手したが音が出ない
質問内容
私はCubasisを使用しているのですが、Lm-9のドラムパターンが2種類しかなくて、 もっと増やしたいとおもい色々と情報収集し、このhttp://www.kvr-vst.com/bank.php というサイトを紹介してもらいサンプルをダウンロードしたのですが、上手く読み込 めないのか音が出ません。
cubasisのプラグインファイルの中のLm-9にインストールし たのですが、ファイルは読み込めますが音が出ません。どのようにしたら音は出るので しょうか?

(2002.1.13)

A
普段LM9は使用していないのですが、いい機会なのでダウンロードして試してみました。 以下、私がダウンロードしたKvR LM9 Aというバンクの場合を例にして説明します。

ダウンロードした圧縮ファイルを解凍すると、FXB、WAV、TXTといった拡張子の付いたファイルが現れます。 これらのファイルの位置関係は下図(図はKvR LM9 Aというバンクの場合です)のようにしなければいけないようです。 aで示したのがwavファイルを収容すべきフォルダ(c)です。解凍したファイルをこのように配置すれば正しく鳴るようです。








Q.187 Cubaseの再生時にオーディオトラックの音が途切れ途切れになる
質問内容
Cubaseのオーディオセットアップで困っています。使用しているサウンドカードは RME PTS96/8ですが、 再生時に音が途切れ途切れになってしまいます。
Cubaseの「ASIO機器」に3種類の選択肢「ASIOSerie、ASIO MME、ASIO DirectX」があります。 どれに設定すればよいのでしょうか?現在はASIOSerieにしてあります。バッファ・サイズ指定にも問題があるのでしょうか。

(2002.1.10)

A
ご使用のサウンドカードはDIGI96/8 PSTという商品でしょうか。これはCubaseの推奨アーディオ環境ですよね。 もちろんASIOに対応していると思うので、オーディオセットアップで指定すべきドライバーはASIO MMEではないと思います。 ASIO MMEはASIOに対応していないサウンドカードの場合に使用する汎用ドライバーです。 サウンドカードがASIO対応ならば、カードのメーカーが専用のASIOドライバーを提供していると思うのでそれを指定すれば良いと思います。 ただ、それがASIOSerieなのかどうかは同カードを所有していない私にはわかりません。 カードの説明書にドライバーに関する説明が載っていないのでしょうか?
バッファサイズの設定などの細かい設定は、残念ながら私のほうではなんとも言えません。 かくいうこの私の環境でも、まったく同じ設定でも時として音と飛びが発生することがあり(一度PCを再起動すると解消する場合は多いです)ます。 バッファサイズや使用チャンネル数も試行錯誤しながら使っているのです。

製品の取扱説明書に記載されている設定内容を確認して、解消しなければユーザー・サポートに相談するのがベストだと思います。 それでも解消しなければ試行錯誤しかないと思います。 設定に問題ない場合はパソコンの負荷を疑ってみるのも一つだと思います。 ウイルスチェックをOFFにしたり、必要の無いソフトは可能な限り落しておくと、良い結果が得られることもあると思います。




Q.186 Cubaseを使って二つのwavファイルをクロスフェードしたい
質問内容
下の図のような場合に、音をクロスさせたい場合 どうしたらよいのでしょうか?一つのトラックに2曲を入れて、オーディオのエディターのほうで クロスフェーダーのツールなどを使ってみたりしたのですが、うまくいきません。 結局、いつも分からなくなってwavelabを使ってやっています。 しかし、今回はピッチの調整などをしたいので、cubaseを使いたいと思っています。




(2002.1.9)

A
送って下さった図のように、別々のトラックにアサインしたオーディオファイルをクロスフェードするのならば、 インプットミキサーのフェーダーの動きをオートメーションして再生すれば良いのではないでしょうか。 MIXダウンすれば1つのWAVファイルにして書き出すこともできます。 フェーダー・オートメーションのやりかたはマニュアルに詳細な解説がでているのでそちらを参照したほうが良いでしょう。




Q.185 RolandのUA-5とスタジオ・パッケージ(RPC+VM3100pro)ではどちらが良い?
質問内容
レコーディングするための機材を買おうと思っているのですが、 どれを買ったらよいのかとても迷っています。
ターンテーブル2台からミキサーにつないで、mixしたものをレコーディングして、 それとマイクなどで声を入れるのと、 あとサンプラーなどから効果音などをレコーディングしたりするのですが、 現在、RolandのUA-5レコーディングパッケージを買うかで迷っています。 音質面や使いやすさなどで、どれにすればよいのか迷っているのですが、 softはCubase5.0とWavelabを使っています。 UA-5と卓ミキサーをあわせて買う場合と、レコーディングパッケージ(RPC& VM3100pro) を買う場合だと機能的な面ではどうなのでしょうか?
後々は、MIDIも使って曲も作っていきたいと考えています。 UA-5だとUSBだというのも気になるのですが、どのように考えればよいのか 分からなく質問させていただきました。

(2002.1.8)

A
両製品に触れてみたことはないので詳しいことは分かりませんが、ローランドの製品 分類からスタジオ・パッケージのほうがより本格的な商品であることが伺えます。 機能面では比較の対象にならないのではないでしょうか。
スタジオ・パッケージを購入した場合、同梱のロジックを使用するおつもりなので しょうか。 RPC-1はASIO対応のようなのでCUBASEとの相性も悪くないのではないかと思います。 UA-5を選択する場合、卓はどの程度のものをお考えでしょうか。 スタジオ・パッケージの価格とRPCとVM3100PROをバラで購入した場合の価格差が分か りませんが、いずれにしてもCUBASEとRPC,VM3100PROを組み合わせて使うのがクオリ ティ、機能面でも有利ではないかと思います。

もし、ハードミキサーの使用にこだわりがないのなら、オーディオ入力ポートを拡張 するためにオーディオインタフェースのみをリプレイスするという選択肢もあると思 います(MOTU等からラックタイプのものが多数リリースされていますよね)。




Q.184 リアルタイムコントローラー付きのモジュールをマスター・キーボードと併用して別音源をコントロールしたい
質問内容
KORG TRITON-Rack 搭載のリアルタイムコントロール・ノブ(つまみ)機能を使って、 他の音源のコントロールチェンジ等をPhatBoyのようにリアルタイムで変化させて使用したいのですが、 次のような場合は、どのようにMIDI接続すればよいでしょうか?

● MIDI I/F(USB) を使用せずに、ライブ演奏等で使用したい場合(PCは使いません)

●MIDI I/F(USB) を使用する場合(4In/4Out)(PCを使います)


(2002.1.6)

A
一般に「MIDIマージボックス」などと呼ばれる小物を御存知でしょうか。これを使用すると複数のMIDI OUTを1つにまとめることができます。
> ●MIDI I/F(USB) を使用せずに、ライブ演奏等で使用したい場合 (PCは使いません)
> ●MIDI I/F(USB) を使用する場合(4In/4Out) (PCを使います)
この二つのケ−スを想定すると、このマージBOXを一つ用意して、マスターキーボードとKORG TRITON-Rackを一つのMIDIコントローラーと見立ててしまった方が良いのではないでしょうか。



このマージBOXですが、代表的なところではMIDI MANという老舗メーカーがリリースしています。
http://www.midiman.net/products/midiman/merge2x2.htm
他にも同様の製品を発売しているメーカーがあると思うので、楽器屋さんで相談してみると良いでしょう。

MIDI I/Fのなかにはマージ機能を持つものがありますが。シーケンスソフトにも複数のMIDI入力を同時に扱う事の出来るものがありますが、 パソコン側で面倒な設定を行なうよりも、マージBOXを使うほうが一目瞭然です。 この小物、一つ持っているとなにかと重宝すると思います(ちょっと高いですが...)。






TO HOME


- 1996-2002 izmi All rights Reserved. -