aredo

SpectraLayers Oneに関するあれこれ - Cubase


ここでは Cubase 11 に付属する SpectraLayers One に関する情報をまとめます。


このページは下記の内容で構成します。

〔2020.11.26 新規掲載〕


1.SpectraLayers で開くとピッチとテンポがおかしくなる


Cubase 11にて、エクステンションで SpectraLayers のパネルを開いたとたんに該当オーディオトラックのピッチとスピードがおかしくなる場合があります。

原因はサンプリングファクターのアンマッチです。 プロジェクトのサンプリングレートとプール内のオーディオファイルのそれとのアンマッチの場合にこれが起きるようです。
そもそも何故、サンプリングレートが違うのに通常は正しく再生されるのかという疑問は沸くのですが、実際にそういう事が起きるのだから仕方ありません。特に過去に作成したプロジェクトで、インポートでオーディオファイルを読み込んだものに多いようです。

sampling factor

対策です。これが起きた場合の対策としては、該当のオーディオファイルをインプレイス・レンダリングで再作成してしまうのが近道です。

inplace render

更新履歴
2020.11.26 新規掲載