header
header

MixConsole の Q-Link について - Cubase


この記事では MixConsole にある Q-Link:テンポラリーリンクモード (Temporary Link Mode)に関するトピックを紹介します。
Q-Linkは一時的に複数のトラック(チャンネル)をリンクし、ひとつのトラックに対して行った設定変更を他のトラックに反映することができます。

この記事は以下の内容で構成しています。

1.複数のトラックに同じエフェクト・プラグインを挿す

〔2022.05.29 新規掲載、2022.05.29 最終更新〕


icon

1.複数のトラックに同じエフェクト・プラグインを挿す

Q-Linkを使えば複数のトラック(チャンネル)の同じプラグインを一挙動で挿すことができます。

  • MixConsole画面で対象の複数のトラック(チャンネル)を選択状態にします【@】
  • 画面上部のツールバーにある[Q-Link]をオンにします【A】
  • 選択状態のトラックのどれか一つにプラグインをインサートすれば【B、C】、選択状態の全トラックの同じスロットにインサートされます【D】
  • 開いたプラグインのパネルを設定すれば他のトラックのプラグインに反映できます【E】
  • その後の誤反映を避けるため [Q-Link] をオフにします
複数のトラックに同じエフェクト・プラグインを挿す

複数のトラックに同じエフェクト・プラグインを挿す2


【関連情報】